2006年10月04日

Visual Studio Code Name "Orcas" September 2006 CTP

 今日 MSDN のサブスクライバダウンロードを覗いていたら、「Visual Studio Code Name "Orcas" September 2006 CTP」と言うのが 10/02 に登録されていたのを見つけた。提供メディアは Virtual PC 2004 用の仮想マシンイメージのみで、サイズは 3690 MB。英語版のみだ。

 まだダウンロードしていないのだが、変更点の一覧を眺めてみると、こんな感じだ...
 VS2005 からの主な変更部分は、

・部分的な C# 3.0 のサポート
 主に LINQ に関する部分の様だ。LINQ と言うのは、コレクションに対する操作を、SQLライクなインターフェースで操作できる用にする機能だ。google で「LINQ」で検索すれば、沢山解説サイトが出てくるので、詳しくはそちらを参考に。

・デバイス関連のサポート強化
 デバイスとは、要するにウィンドウズモバイルを使う携帯(電話などの)機器の事だ。日本の携帯電話のコンテンツ開発もサポートしてくれればな、といつも思うのだが、なかなか日本ローカルの規格には対応しきれないようだ。

・新しい環境への対応
 当然の事ながら、Windows Vista Application の作成ができる様になっている。VSTO で Word 2007/Excel 2007 の文書カスタマイズもできる様になっている。

 と言う事の様だ。

 残念ながら、今これで遊んでいる暇が無いので、日本語環境対応版が出るまで待っておこうかな...と考えているところだ。しかし考えてみれば、現行の VS2005 を使う様になって1年弱、年明けには Windows Vista も Office 2007 も出てくる訳だから、Visual Studio も次バージョンは 2007 年には正式版が手に入ると言う事なんだろうな。最近歳のせいか、「もう新しいバージョンが出るの?」って言う感覚に近い。皆さんはどうでしょうか?


posted by lepton at 12:10| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウエア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
名前:lepton
年齢:over 40
ウェブサイトURL:http://www.hmsoft.co.jp/lepton/
メールアドレス:contact@hmsoft.co.jp
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。