2006年03月05日

ジャガイモ畑の準備

カリブロ花椰菜060305.jpg いよいよ3月。まだ春一番は吹いていないが、今年の春夏野菜の準備もそろそろ始まる季節になった。とりあえず今年の栽培予定も大体決まったが、まず最初に植えられるのは「ジャガイモ」だ。実際に植えるのは3月中旬頃だが、その準備を今日やっておかないとその時に植えられないので、今回はジャガイモ畑の準備と残っている作物の収穫を行った。

左の写真は、あんまり見かけない野菜だが「カリブロ花椰菜」と言う品種でカリフラワーの一種らしい。昨年農協に寄ったときに珍しい苗が出ていたので試しに植えてみたのだが、小ぶりなのが何とかできたようだ。

.

ジャガイモ畑の準備


ジャガイモ準備1.jpgジャガイモ準備2.jpgジャガイモ準備3.jpg

 上の写真がジャガイモ畑の準備の様子だ。畑といっても我が菜園は多品種少量生産なので、畳一枚より一回り大きいくらいの場所しか無いからあっという間に終わる。左はジャガイモを植える場所に溝を掘った所だ。その後ここに堆肥を敷いて鶏糞を少々まく(中)。これを少し土と混ぜ合わせて、最後に上に土をかぶせておく(右)。これで準備は終わりで、次回来た時はこの上に芋を植えていく。結構簡単だが、ここの畑は地下水位が高いようなので畝を少し高めにしておく必要がある。それに気が付かなくて以前には芋を腐らせてしまった事があった。今年は大丈夫だろう。

その他の様子


スナップエンドウ060305.jpg
 1月に紹介したスナップエンドウが、いよいよ伸びだして来た。これから春一番も吹く事だしつかまる場所が必要なので、笹をさしておいた。ここの畑は周囲をぐるっと笹林が取り囲んでいるので、支柱や風除けに使う笹には不自由しない。

ニラ060305.jpg
 ニラは再生力の強い多年草で、1回植えておくと年に5〜6回、3年くらいは収穫できる。そんな強い生命力を持つニラも、冬の間は上の葉を枯らして根っこだけを残してて冬眠している。しかしこの季節になるともう冬眠から覚める。この写真だと少しわかりにくいが、地面に張り付いているのが雑草で、そこからピョンピョンと上に伸びだしてきているのがニラだ。
 ぶら下がっているCDはアブラムシ除け。少しは効果があるようで、去年はアブラムシが付かなかった。しかしよく見るとこのCD「CICA」とか「Simtel」と書いてある。知っている人は懐かしいだろう。10年以上前のインターネット以前の時代には、フリーソフトがこういうCD-ROMの形式で配布されていたのだ。今となっては中身は使われる事は無いだろうが、外側のメディアは、この様にまだ現役だ(用途が違うが...)。

今週の収穫物


割れたカブ060305.jpg
 写真は省略するが、サトイモ、ハクサイ、ホウレンソウ、ブロッコリー、カリフラワー、シュンギク、カブ等を収穫した。冬物野菜もあと残り少しだ。カブやハクサイは、次回来るときはきっとみんな花が咲いているだろうから、収穫は今回が最後だ。
写真はスが入って割れてしまったカブ。


posted by lepton at 15:16| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 農と食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
名前:lepton
年齢:over 40
ウェブサイトURL:http://www.hmsoft.co.jp/lepton/
メールアドレス:contact@hmsoft.co.jp
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。