2006年01月05日

CASIO EXILIM-S600

久しぶりにデジカメを買った。そして、こういうコンシューマ向けの技術の進歩は凄いものだと実感した。

 現在主に使っているデジカメは(正確にはデジカメでは無いのだが...)、Panasonic NV-GS400 と言う(生産終了になってるみたい...)、mini DV のビデオカメラに静止画撮影機能が付いている機種だ。私の場合、ビデオで家族のイベント撮影をするのが主用途なので、
・ビデオカメラとスチルカメラの二つを持ち歩くのは面倒
・10倍以上の光学ズームが必要
との要件からこれを使っていた。実際この機種は、3CCD/光学12倍ズーム/4Mpixelの静止画撮影とスペック的に申し分の無いもので、現在もイベント時には活躍してくれている。しかし最近、それとは別にこういうブログ用のスナップを取りたいと思っているのだが、そういう用途にはちょっと重いしかさばりすぎるので、コンパクトで携帯性の高いカメラがあると良いなと考えていたのだ。

 そこで年末にYAMADA電気に寄ったついでにデジカメコーナーをのぞいてみた。デジカメにはそんなに興味が無かったので最近どんな機種が出ているのかも知らなかったのだが、売り場で改めてスペックと値段を見比べてみて、自分が浦島太郎になっている事を実感した。そこで色々ある中でも、そのコンパクトさにひかれて Casio Exilim-S600 を触っていた所、店員さんに「年末セールで安くしますよ」と背中を押されて買ってしまったのだった。税込み 40,500 円だった。
 製品スペックは、CASIO の製品ページを見て貰いたいが、大きさは携帯電話よりちょっと大きいくらいで厚みが指と同じくらい、重さは電池を入れて150g程度(正確に測った訳では無い...)と非常にコンパクトだ。実際にズボンのポケットに入れて2〜3日使ってみたのだが、持っている違和感は無く携帯性能は抜群だ。

 私はデジカメ画像の画質に無頓着な方だし、そのコンパクトさから画質の方はあまり期待していなかったのだが、とりあえず電球室内、蛍光灯室内、日中屋外、でフルオートで50枚くらい撮影した画像を見る限り、NV-GS400 より写りは良く期待以上だった。そもそもブログに載せる様な写真を撮るつもりだったので、最終的にはリサイズしてしまうため、この光学系で 600万画素が有効に生かせているかどうかは、まあどうでも良いのだ。

 起動時間も、電源ボタンを押してから撮影できるまで1秒とかからないので快適だ。オートフォーカスの速度も速かったし、製品紹介にある「高速シャッターによるブレ軽減機能」は確かに有効で、上記のどの環境でも、撮影のヘタクソな私が走り回っている子供達を写してもブレは見られなかった。

 バッテリーの持ちは実際どれくらいなのかまだわからないが、写真50枚、ビデオ10分程度では、全然バッテリが減っていない様に見えるので、数日間の旅行程度だったら充電器はいらなそうだ。

 一方もう一つの特徴のビデオ機能の方は、撮影中にズームイン/アウトができない、画質が NV-GS400 よりは悪い、PCでの再生時に音がずれる、終わり付近の音が入っていない、等の問題があった。おまけとしてちょっとしたビデオスナップを取るつもりならそれなりに役に立つだろう。ただ私としては、 MPEG4 だし、光学系が用途に合わないので、メインのビデオカメラの代役にはなりそうにない。

 まだ数日しか使っていないのでそうすぐには結論は出せないが、携帯性のよいスナップカメラとしては、なかなか良いできなのではないかと思った。少なくとも、即座に叩き売ろうと言う気にはならなかったので、これから使い込んでいきたい。




posted by lepton at 07:21| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ハードウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
名前:lepton
年齢:over 40
ウェブサイトURL:http://www.hmsoft.co.jp/lepton/
メールアドレス:contact@hmsoft.co.jp
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。