2005年12月19日

ファイルサーバーの復旧

 さて先週末にお亡くなりになった我がファイルサーバー君は、IODATA の HDL-250U と言う NAS だった。これは容量 250GB で 10/100base インターフェースを持ち、使用電力が 14W でファンレス、値段も3万円未満と Home Office にぴったりの製品だ。HDD の一部が読めずに起動しなくなっただけなので、とりあえず HDD を換装してバックアップをコピーすればOKかと思っていたのだが、実際やって見るとなかなか一筋縄ではいかなかった。
 日曜日には、頼んでおいた1TBの外付けディスク HDZ-UE1.0TS(これも同じくIODATA製)が到着したので、そこに 300GB と 250GB のディスクの内容を移し、このディスクを新たにファイルサーバーとそのバックアップにする事にした。
 HDZ-UE1.0TS は出荷時 FAT32 なので、まず NTFS でフォーマットする事から始めた。
 ...遅々として進まない。まあ 1TB 分だから時間もかかるだろう。それはそのままほっておいて外出する事にした。ところが帰ってきても終わっていない...。結局再フォーマットが完了するのに6時間程かかった様だ。お次はファイルのコピーだ。これも時間がかかりそうだったので、そのままご飯を食べて寝る事にした。

 翌朝(つまり今日)見てみると、無事にコピーは終わっている様だ。両方のディスクを確認して、データ移行が無事に終わっている事も確認した。さて、次はファイルサーバーだ。Maxtor MaxLine III 300GB を HDL-250U にセットし電源を入れる。...うんともすんとも言わない。おかしいなぁ。普通ファームがブートして、ディスクを認識できなかったら「初期化しますか?」とか何とか言ってくるものだろうに、と「勝手に」思い込んでいたのだ。しかし先日ドライブの中身をのぞいた時の事を思い出して気がついた。「ああそうか、こいつはハードディスクから Linux をブートしているんだ」
 それに気が付いてから、ちょっと青くなった。なぜならそのブート元のハードディスクが故障しているからこういう事をしているのに、そのディスクの中身が無ければこの NAS は起動できないと言う事になるからだ。

 気を取り直して、PCに元の半故障 HDD と換装予定の HDD を接続して立ち上げた。ここで先日と同様 VMWare で両方のディスクをマップし、内容を見て見た。パーティションテーブルは見えるようで、Linux ext2 70MB, Linux Swap 540MB, Linux ext2 残りとなっていた。試しにマウントして見るも、最初のパーティションしかアクセスできなくなっていた(少し症状が悪化している様だ)。とりあえずブートできれば、後は何とかなりそうな気がするので、次の手順で換装HDDを構成した(hdc が元、hdd が先)。

1. fdisk で元ディスクと同容量にパーティションを作成
 partition 1 = Linux ext2 1-9 cyl
 partition 2 = Linux ext2 10-79 cyl
 partition 3 = Linux ext2 80-last cyl

2. MBR をコピー
 dd if=/dev/hdc of=/dev/hdd bs=512 count=63

3. partition1 をコピー
 dd if=/dev/hdc1 of=/dev/hdd1

 これで作成した HDD を、HDL-250U にセットし電源を入れる。今度は赤いランプがちかちかし始め、最終的には緑ランプと赤ランプの点滅になった。これはブートしたが何か問題があると言う事を示している。でも先程より前進している。早速PCのブラウザから管理画面にアクセスして見るも...見えない。緑と赤の点滅の場合は 192.168.0.200 にアクセスせよとマニュアルに書いているのだが...。また、ここで「はっ」とした(こればっか)。設定ファイルをコピーしているのだから、ネットワーク設定も昔のものが生きているのでは?と言う事で設定してあった LAN アドレスを入れると...あっさり管理画面が見えた。ただし、そこにはこう出ていた。
「内臓ディスクにアクセスできません。フォーマットしますか?」。
OK、フォーマットしてくれ。
 ここから先もフォーマットとコピーで時間がかかるのだが、無事復旧できた様だ。
とりあえず、めでたし、めでたし。

 さて、ここで教訓だ。HDL-XXXX シリーズのオーナーの皆さん、とりあえずディスクの MBR と partition1 のバックアップは取っておきましょう。そうすれば、ディスクがいくら壊れても心配ありません!。えっ、普通はメーカーに修理に出す?そういうものかな...。

 この後は余談だが、ファームの更新をしようと Google を見ていたら、こういう面白いことをやっているページを見つけた。そうか、こいつは Linux がハードディスクに載っている訳だから、それを書き換えれば好きな事ができる訳だ。この価格で、ファンレス、省電力、大容量(?)ストレージを持った Linux box が手に入るなんて、素敵な事じゃないですか。


posted by lepton at 23:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ハードウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
名前:lepton
年齢:over 40
ウェブサイトURL:http://www.hmsoft.co.jp/lepton/
メールアドレス:contact@hmsoft.co.jp
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。