2006年02月09日

花粉症の季節到来!

 今朝起きたら何だか目がしょぼしょぼしていた。
おまけにくしゃみは出るし何だか鼻っぽい。
一瞬「また風邪か?」とも思ったが、外を見ると良く晴れた、しかも風の強い日だ。
「ああ、今年も来たか...」

 学生時代からだからもう20年近くなるだろうか、例年この時期がくるとやってくる、花粉症。5月の連休すぎるまでの3ヶ月間は憂鬱なシーズンだ。ただ食生活を含む生活習慣の改善のおかげか、近年は症状が和らいでいる。最初の頃はティッシュが何箱あっても足りないくらいだったが、最近はそういう事も無くなった。それでもたまにひどくなる日があるが、そういう時に私の使っている対策グッズを紹介しよう...
続きを読む


posted by lepton at 22:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

会社法が変わるの?

会社を作っても節税させません!
と言う記事を読んだ。うちなんか、まさにこの為に法人にしている様なものだから、困っちゃうな。対策法が3っ程提案されているけどどれも難しそうだ...。一番できそうなのは、株式持合(他社に出資して、それと同額を出資してもらう)だろうが、そうするとこの法律ができると株式持合が増えるだけで結局本来の意図は違う事になってしまうだろう。と言う事は、株式持合いに関する制限もさらに追加されるんだろうか...。よくわからんな。
 しかしこういう小手先の対策を色々出すくらいだったら、最初から給与所得控除を無くせば良いだけだろうに。原因はそこにあるのだから。税をきちんと設計せずに、行き当たりばったりに取りやすいところから取ると言うのは相変わらずか。とりあえず新しい会社法がどう決まるのか注目しておかないと。耐震偽装だとかライブドアの問題なんか国会で手間ひまかけて議論してないで、こういうのをちゃんと審議してもらいたいものだ。

追記:これが実現するとこういうのをビジネスにする人たちも出てくるだろう。なにしろこれに該当する零細企業は数百万社はあるだろうし、これによる増税分と言うのはかなりの金額が恒久的に発生するものだからだ。そういう零細企業なら数十万円のコストで、同族関係者の持ち株比率が90%を下回るようにできるなら、十分支払う余地はありそうだ。
posted by lepton at 03:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | SOHO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プロフィール
名前:lepton
年齢:over 40
ウェブサイトURL:http://www.hmsoft.co.jp/lepton/
メールアドレス:contact@hmsoft.co.jp

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。